明るい園舎に子どもたちの笑顔

幼稚園は社会へのデビューともいえる場所。遊びや学びの中で協調性や社会性が自然に恵まれるよう、人格形成のファーストステップとして子どもたちの笑顔あふれる場をつくっていきます。

環太平洋大学短期大学部附属幼稚園の特徴

いきいきとした子どもの生活を大切に

子どもの主体性を生かし、子ども自身による生活づくりを何よりも大切にします。また、本物とふれあえる環境づくりを実践し、五感を働かせて活動する楽しさを感じることのできるよう導いていきます。

年齢別保育と縦割り保育を共に実践

年齢別保育ではそれぞれの発達に応じた保育を行います。また、縦割り保育では、小さな子を思いやる優しさとともに年長者を見て多くを学びます。


附属幼稚園だからできる体力作り

季節の食材を中心にした、愛短食物栄養科の先生の指導で調理された給食ですから、できたてをおいしく食べてもらえます。また、好き嫌いもしらずになくなっていきます。

母親教室でお母さんとともに学びます

園主催の母親教室では、母親として、女性として、そして、一人の人間としての生き方を共に考え、学んでいきます。